シンガポールのツアーでお得に旅を満喫しよう

女性

日本から近い人気の海外は

鞄とパスポート

白い砂浜と青い海が魅力

日本から約5時間で気軽に行ける、白い砂浜に青い海が魅力の人気旅行先のひとつのセブ島にはたくさんの観光スポットがあります。セブ島は、フィリピンにある島々の中の一つで、細長い形が特徴の島です。セブ島の年間平均気温は26〜27度でとても温暖な気候です。雨季と乾季に分かれており、6〜12月が雨季、1〜5月が乾季となり、観光のベストシーズンは2〜5月くらいになります。治安はフィリピンの他地域と比べ非常に安定しています。ただスリやひったくりに遭うこともありますので、注意も必要です。セブ島は有名なダイビングスポットも多々あり、とても澄んだ綺麗な海の中に潜ることができるスキューバーダイビングは欠かせません。もっと大きな海の生物が見たいときは、オスロブへ行くことをおすすめ致します。オスロブはセブシティから高速バスで南東に3時間の場所にあり、ジンベイザメと泳げたり、餌付け見学ができる人気の観光スポットです。野生のジンベイザメを間近で見られる場所は世界でも数が少なく貴重な体験ができます。セブ島の歴史に触れたいときは、セブシティで一番の観光地と言われている、サントニーニョ教会やマゼランクロスがあります。サントニーニョ教会はセブを代表する教会でフィリピン最古の教会です。マゼランクロスは、木製の十字架で、マゼランという人物が16世紀に建てたとされています。サントニーニョ教会の隣にあるので合わせて観たい観光スポットです。他にもセブ島には魅力溢れる観光スポットがあります。ぜひ一度旅行に行ってみてはいかがでしょうか。